ノブドウ研究継承!肝硬変・間質性肺炎など線維症に続く薬効、徳島大で抗アレルギー作用確認

民間伝承薬として日本で古くから親しまれてきたノブドウ。肝臓にいいといういい伝えがあり、実際に、研究の第一人者である獨協医科大学日光医療センターの中元隆明初代院長らのチームは、組織の線維化を伴う肝硬変のほか、肺線維症など間質性肺炎の改善にノブドウが有効であることを報告してきた。

『日本未病システム学会雑誌』の中でノブドウの薬効が最後に報告されたのが2003年。それから15年のときを経て、徳島県の中部に位置する勝浦郡上勝町で推進されているノブドウを活用した新たなプロジェクトが注目を集めている。編集部は7月、徳島を訪ねた。

【関連記事】間質性肺炎の線維化に野ブドウエキス 急性増悪後の慢性病変に有効か

ノブドウエキスの効果
Nab社の上勝八重地工房に貼られているポスター

山の上にある古民家に工房を構えるNab(徳島県勝浦郡上勝町、池田久社長)は、地元の生産者と連携しながらノブドウの栽培を2014年から進めてきた。「日本の里100選」に選ばれている八重地集落に広がる棚田が、その舞台だ。農薬を使わない自然農法のもと、美しい棚田でノブドウは育てられている。

世帯数約20という小さな集落で暮らす生産者(兼業農家)の一人は、「俺は78歳だが、ここでは若いほうだ。このままだと、あと10年もしたらこの集落はなくなる。新しい産業を創っていく必要がある」と危機感を口にする。かつて林業で栄えた町の再建プランの一つとして選ばれたのが、ノブドウの商品開発というわけだ。上勝町では地域住民の協力のもと、株分けしながら少しずつノブドウの生産量を増やしてきた。

上勝町のノブドウの生産者
上勝町産ノブドウの特産品化の取り組みについて、生産者(右)から話を聞いている「日本の身土不二」の緒方(左)

ノブドウエキスの薬効を医薬品開発と同じプロセスで研究

ノブドウは夏の終わりから秋にかけて紫色の実をつける。「ブドウのイメージから果実が注目されがちだが、機能性成分は茎(ツル)に多く含まれている」と話すのは、プロジェクトリーダーであるNab社の池田社長だ。天日干しや殺菌の工程を経てツルから抽出されたノブドウエキスは、世界最先端の研究施設といわれる徳島大学内の藤井節郎記念医科学センターに持ち込まれた。エビデンスが必要という池田社長の発案だ。

藤井節郎記念医科学センターで研究されているノブドウエキス
最先端の研究機器が揃っている藤井節郎記念医科学センターがノブドウ研究の拠点

成分分析や機能性研究は、日本ヒスタミン学会の会長を務める徳島大学大学院の福井裕行特任教授(医歯薬学研究部分子難病学分野)が手がけている。「国から認可された治療法も民間療法も完璧ではない。地元徳島の天然物の薬効などもトータルで検証しながら、医学のレベルを上げていきたい」というのが、福井特任教授の理念だ。上勝町産ノブドウエキスの薬効は、分子薬理学に基づき、医薬品開発と同じ手法で研究されている。

ノブドウエキスができるまで
天日干しされているノブドウのツル。殺菌の工程を経た後、熱水抽出されてノブドウエキスができる

先行研究ではアルコール抽出したノブドウエキスが使用されていたのに対し、徳島大学では熱水抽出したノブドウエキスが研究対象となっている。品質に“違い”がなければ、アルコールを使わない分だけコストが下がるほか、世界規模で市場を見たときに、宗教上の問題でアルコール抽出された食品を口にできない人に対してもノブドウ商品を提供できるというメリットもあるからだ。

これまでの実験で、エキス中の成分や量に差異はなく、熱水抽出でもアルコール抽出と同等の効果が得られる可能性が示唆されている。簡単にいうと、熱水抽出されたノブドウエキスも肝硬変や肺線維症の改善に役立つかもしれないということだ。

福井特任教授はアレルギーに着目し、ノブドウエキスの研究を続けてきた。くしゃみや鼻水を伴う急性のアレルギー性鼻炎では、ヒスタミンH1受容体(H1R)とIL -9という遺伝子発現シグナルが亢進している状態にある。一方、鼻閉や好酸球性炎症を伴う慢性のアレルギー性鼻炎の発症には、IL -33という遺伝子の発現が関与しているそうだ。

ノブドウエキスを研究している徳島大学の福井特任教授
ノブドウの機能性研究について解説する徳島大学の福井特任教授(右)とNab社の池田社長(左)

福井特任教授によると、「細胞実験では、ノブドウエキスがH1R遺伝子の発現亢進を抑制することがわかった。動物実験では、鼻粘膜のH1RとIL -9遺伝子のほか、IL -33の発現亢進を抑制し、アレルギー性鼻炎の症状改善が確認された」と解説する。阿波番茶との併用で効果が増強するという、興味深い結果も得られている。研究の成果は2017年の「第56回日本薬学会」で発表された。

徳島大学では現在、アレルギーの患者を対象としたヒト試験の準備が進められている。「さまざまな健康食品が溢れているが、今後は医薬品にできるレベルが求められる」と、福井特任教授が“食品の機能性研究の最低限”として定めるハードルは高い。有効成分の特定が次の課題となる。

肝硬変・間質性肺炎・アレルギー、ノブドウエキスの守備範囲は

分子レベルで肝硬変や間質性肺炎など組織の線維化への有効性が解明される可能性もある。現時点では仮説の域を出ないものの、アレルギー改善のメカニズムの流れの中に、コラーゲンの線維化抑制に働きかけるプロセスがあると福井特任教授は見ている。今後、有効成分や作用機序が明らかになれば、動脈効果の予防・改善など、ノブドウエキスの“守備範囲”が広がることになりそうだ。

ノブドウの果実
上勝町で栽培されているノブドウ。取材時の7月、果実は青く小さかったが、夏の終わりから秋にかけて紫色に成熟していく

今後の展開について池田社長は、「これまでのデータをもとに、ノブドウエキスを売り込んでいきたい。日本で増えている病気は今後、東南アジアなど海外でもさらに増えていくだろう。将来的にはハラール認証の取得も視野に入れながら、上勝町のノブドウの認知拡大を目指していく」と話している。

上勝町産ノブドウエキスを主原料とする商品の開発は現在、医薬品レベルの高い安全性と品質を保証する“GMP認証”の工場を持つ皇漢薬品研究所(東京都千代田区、呉明輝社長)で進められている。完成した商品は、全国のご当地サプリを取り扱うJAPANICARE(北海道江別市、田中さゆり社長)のネットショップで9月中旬以降、販売される予定だという。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA